訪船活動

明和海運株式会社の訪船活動について、主な取り組みをご紹介致します。

経営トップが積極的に安全会議へ参加

明和海運株式会社では、ドック入渠時を利用し経営トップ自ら安全会議に参加し、乗組員の安全意識の向上と高揚を図っております。
下記日程で当社が管理している船舶に対し安全会議を行いました。

<平成29年度実績>

1.明和丸

日時: 平成29年6月1日(木)
場所: 向島造機(株)
参加者: 中田社長 以下3名
吉田執職船長 以下4名
小嶋船長 以下4名

2.明桜丸・明芳丸

日時: 平成29年7月10日(月)
場所: (株)栗之浦ドック
参加者: 中田社長 以下3名
砂田船長 以下5名

3. 興和丸

日時: 平成29年8月8日(火)
場所: 向島造機(株)
参加者: 中田社長 以下3名
菅野船長 以下4名

<平成28年度実績>

1.明成丸

日時: 平成28年4月8日(金)
場所: 向島造機(株)
参加者: 中田社長 以下4名
小嶋社長 以下5名(西伸海運)

2.興和丸

日時: 平成28年5月6日(金)
場所: (株)三和ドック
参加者: 佐々木社長(興洋タンカー社長)
以下3名
石丸船長 以下4名

3.明督丸

日時: 平成28年5月26日(木)
場所: 向島造機(株)
参加者: 中田社長 以下3名
上野船長 以下5名

4.明芳丸

日時: 平成28年6月15日(水)
場所: 向島造機(株)
参加者: 中田社長 以下2名
上野船長 以下6名

5.明和丸

日時: 平成28年11月21日(月)
場所: 向島造機(株)
参加者: 中田社長 以下3名
三浦船長 以下6名

経営トップが積極的に安全会議へ参加

月刊強化目標

月刊強化目標と実施要領明和海運株式会社では、各船訪船時に毎月の月間強化目標に基づいた指導を展開しております。
平成29年度明和海運株式会社の月間強化目標についてご紹介致します。

安全方針 『安全は全てに優先する。』を安全管理の基本方針とし、人命の損失及び傷害の発生を防止すると共に、海洋環境の保全を図り、もって無事故・無災害を達成する。
重点施策 1.陸上と海上が一丸となった安全の確保
2.海洋環境の保護
3.基本動作とルール・法令の遵守
4.整理・整頓・清掃・清潔・躾(5S)の強化
重点目標 1.人身災害ゼロ化の達成
2.海難事故ゼロ化の達成
3.環境災害ゼロ化の達成
4.船体設備トラブルの未然防止
1月 係船索取扱い事故防止 7月 見張り強化と早期避航の徹底
2月 桟橋接触事故防止 8月 疾病防止
3月 酸素・ガス検知の徹底 9月 労働災害の防止
4月 居眠りによる事故の防止 10月 荷役開始前ミーティングの徹底
5月 濃霧時期の安全航海 11月 静電気対策の励行
6月 海洋汚染の防止 12月 船舶設備安全総点検の実施

乗組員とのコミュニケーションの強化

乗組員とのコミュニケーションの強化明和海運株式会社では、陸・海全員で重大トラブルゼロを目指しております。そのためには現場で働く乗組員との意思疎通が大事であると位置づけ乗組員とのコミュニケーションを積極的に実施しております。

<平成29年度訪船実績>

  1月度 2月度 3月度 4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 12月度 年度計
運航
隻数
16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 -
訪船
隻数
16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 -
訪船
回数
25回 23回 16回 20回 21回 23回 25回 27回 30回 210回

<平成28年度訪船実績>

  1月度 2月度 3月度 4月度 5月度 6月度 7月度 8月度 9月度 10月度 11月度 12月度 年度計
運航
隻数
16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 -
訪船
隻数
16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 16隻 -
訪船
回数
30回 20回 24回 25回 23回 21回 20回 27回 25回 27回 25回 25回 292回

ページの先頭へ戻る

初めてご覧になる方へ 明和海運について