海運プラザ クローズアップ明和

第46回ケミカルタンカー大解剖(総トン数499t型)

船には安全な航海、安全な作業を行う為に、様々な構造、設備・機器が装備されています。ここでは499t(総トン数)型内航ケミカルタンカーを大解剖して、構造、各設備・機器の名称を紹介し、その役割についてご説明します。

Vol.3 カーゴタンククリーニング用清水タンク、バタワースポンプ、バタワースマシン

カーゴタンククリーニング用清水タンク

カーゴタンクを洗浄する為の清水を溜めておくタンク。
約30t~40tの清水を溜めておく事が出来る。

写真

バタワースポンプ

カーゴタンクを洗浄する為の清水を移送するポンプ。
揚水量 約30㎥/hの能力があり、カーゴタンククリーニング用清水タンクから清水を吸入し、カーゴタンクへ送水する。

写真

バタワースマシン

カーゴタンクを洗浄する為にカーゴタンク内に固定されたジェットウォッシャータイプの洗浄機。バタワースポンプで送水された清水を360℃回転するジェットウォッシャーノズルから噴出させて、カーゴタンク内をくまなく洗浄する。

写真

写真

明和クローズアップ一覧へ

ページの先頭へ戻る

  • 私たちが運んでいるもの
  • 海運プラザ

初めてご覧になる方へ 明和海運について