海運プラザ 海運豆知識

第7回

来島海峡の潮流の流向によって航行する航法「順中逆西(じゅんちゅうぎゃくせい)」って何?

来島海峡は、瀬戸内海中部、愛媛県今治市とその沖の大島との間を隔て、水域においては西の斎灘(いつきなだ)と東の燧灘(ひうちなだ)とを隔てる海峡で、1日約700隻の船舶が航行しています。その中には島々が散在しているため、船舶が通航する水路は非常に狭く、かつ屈曲したものになっており、潮流が非常に早く、時には10ノット(時速18km)を超え、鳴門海峡、関門海峡とともに日本三大強潮流として知られています。
来島海峡には、海上交通安全法によって航路が定められており、船舶が潮流に乗って航行する場合(順潮の場合)は中水道を、潮流に逆らって航行する場合(逆潮の場合)は西水道を航行することとなっています。
これは、順潮の場合は舵の効きが悪くなり操船が難しくなるため、屈曲が小さくて水道の長さが短い中水道を通り、逆潮の場合は潮流に逆らって   航行することで舵効きが良くなるため、大きく屈曲した西水道を通るようにしたものです。この航法は「順中逆西」と呼ばれ、海上交通ルールでは右側航行が基本である中、世界的にも珍しく、日本で唯一の航法となっています。

1.潮流が南流時 左側航行
[東航船]
中水道を経由。航路の入り口から出口まで、出来る限り大島、大下島側に近寄って航行。
[西航船]
西水道を経由。航路の入り口から出口まで、出来る限り四国側に近寄って航行。

2.潮流が北流時 右側航行
[西航船]
中水道を経由。航路の入り口から出口まで、出来る限り大島、大下島側に近寄って航行。
[東航船]
西水道を経由。航路の入り口から出口まで、出来る限り四国側に近寄って航行。

海運豆知識一覧へ

ページの先頭へ戻る

  • 私たちが運んでいるもの
  • 海運プラザ

初めてご覧になる方へ 明和海運について