海運プラザ 海運豆知識

第22回

ケミカルタンカー 貨物タンクの要件(TYPEⅠ・Ⅱ・Ⅲ)について

ケミカルタンカーとは、特定(石油化学品と化成化学製品)の有害液体物質をバラ積み輸送する船舶のことで、運送する有害液体物質の危険性に応じTYPEⅠ~Ⅲに区分されており、以下の要件が適用されております。

  • (1)TYPEⅠ:
  • 環境及び安全に対し非常に重大な危険性を有するため、貨物の流出を防止する最高の予防措置が要求されるケミカルタンカー

  • (2)TYPEⅡ:
  • 環境及び安全に対しかなり危険性を有するため、貨物の流出を防止する高度の予防措置が要求されるケミカルタンカー

  • (3)TYPEⅢ:
  • 環境及び安全に対し重大な危険性を有するため、損傷時の残存能力を増大させ、ある程度の防護が要求されるケミカルタンカー

上記(1)~(3)を見てお分かりいただける通り、TYPEⅠがもっとも大きな危険性を有すると考えられる有害液体物質の運送を予定されたケミカルタンカーであり、TYPEⅡ及びⅢは順次危険性の低くなる貨物の運送に用いられております。なお、TYPEⅡで運送できる貨物は、TYPEⅠで運送することができ、TYPEⅢで運送できる貨物はTYPEⅠ若しくはTYPEⅡで運送することも可能となっております。

海運豆知識一覧へ

ページの先頭へ戻る

  • 私たちが運んでいるもの
  • 海運プラザ

初めてご覧になる方へ 明和海運について